2017.10.17更新

歯周病になると、歯を失うだけでなく、歯周ポケットで増殖した歯周病菌が、歯茎の毛細血管に入り、血流に乗って全身に運ばれ、様々な病気を引き起こしたり悪化させたりすることがあります。

例えば    糖尿病   

歯周病は糖尿病の合併症の1つと言われ、糖尿病の人は、歯周病になりやすく、また逆に歯周病が、糖尿病を悪化させることも明らかになってきました。歯周病が、重度の場合、歯周病治療によって改善することもあります。

動脈硬化

血液の中に侵入した歯周病菌は、動脈硬化を誘導する物質を出したり血管をせまくしたり詰まらせたりして、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞につながることが、あります。

誤嚥性肺炎

免疫力の衰えた高齢者などの場合、誤って歯周病菌が唾液や食べ物とともに肺に入ると、肺炎を引き起こすことがあります。

投稿者: 末広歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934