2019.09.09更新

若い頃から歯科健診を受けることで、
年を取っても歯を保つことができる
近年、歯科医療はむし歯や歯周病の「治療」から、お口の「健康を維持すること」に範囲を広げています。

定期的な検査とメンテナンスによって、高齢になってもお口の健康が維持できることが、一般にも知られてきています。

国民健康・栄養調査によると、過去1年間に歯科健診を受けた人の割合は、2004(平成16)年には33.8%から2012(平成24)年の47.8%に増加し、

2016(平成28)年には52.9%と半数を超えています。

特に60代以上の伸びが著しく、2004年の37.7%から2016年の58.1%に、

70代以上では29.5%から57.9%に伸びています。
これらの結果が歯の保有本数に現れています。本数は年代を問わず上昇傾向にありますが、特に高齢者は2005(平成17)年から2011(平成23)年の間に大きく伸びており、70代後半で10.7本から15.6本、80代前半で8.7本から12.2本と約1.5倍に増加しています。

今後は若い世代でも歯科健診を受ける割合や、高齢になっても歯の保有本数を維持することが望まれます。

投稿者: 末広歯科医院

2019.09.02更新


~認知機能から始まる食べる機能~
食べるためには、まず目の前に出された食べ物が何であるかを認識しなくてはなりません。

今まで一度も見たことも、口の中に入れたこともないような食べ物に対して、われわれは警戒します。口に入れる前に、その食べ物をじっと見て、匂いをかいだり、お箸でつまんで感じを確かめたりするかもしれません。

その食べ物が、硬いか軟らかいか、冷たいか熱いか、好きか嫌いかなどは、口に入れる前に、瞬時に予知、認識しているのです。

それは過去の経験が記憶として刻まれており、その食べ物に合った食事行為をすることになります。
事実、固焼き煎餅とハンバーグでは、口に運ぶ量もスピードも異なっているはずです。もし、先天的な病気により、やむを得ず生後口から食べることができずに、点滴のみで栄養を補給されていたとします。
1歳になっていきなり離乳食を口に入れようとしても、恐らくその子は断固として食事を拒否するでしょう。生まれてから口から食べる経験がないその子にとって、当座食べ物は単なる異物でしかないのです。
また認知症のように記憶や認知機能に障害が生じると、目の前の食べ物を硬い軟らかいの区別なく、ひたすらガツガツと一本調子で口に詰め込んでしまう場合があります。食べ物は認識できても、硬さ、熱さ、嗜好の認識までは働くことが困難だからです。
われわれは生まれてからずっと、食べることへの経験を積み重ねて、それを無意識の中で記憶に留めて、食事機能を繰り返しているのです。

投稿者: 末広歯科医院

2019.08.28更新

口腔の健康”は口だけにとどまりません。

口の健康が全身の健康に影響していることが、近年わかってきました。

高齢期になっても歯が多く残っている人や、歯が少なくても義歯などを入れている人は、認知症の発症や要介護状態になる危険性が低いということが確認されました。
歯を失い、入れ歯を使用していない人は、歯が20本以上残っている人や歯がほとんどなくても入れ歯により噛み合わせが回復している人と比較して、認知症の発症リスクが最大1.9倍になるという報告があります。

この理由として考えられる仮説が、しっかりと噛むことができないと、記憶や空間認知能力など脳の機能が低下する可能性があるということです。

認知症についてはまだ解明されていないことも多いため、噛むことですべてを解決できるわけではありませんが、そのリスクを下げるひとつの可能性が示されたのです。

投稿者: 末広歯科医院

2019.07.17更新

私たちにとってミネラルもとても重要な栄養素です。機能維持や調整の役割を果たしてくれます。

ミネラルの中でもよく知られているのはカルシウムです。

特に丈夫な歯や骨を作る成分として知られているとても大切なものです。

また味覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の代謝を助ける亜鉛や、不足してしまうと貧血などの原因にもつながる鉄など、健康維持にとって不可欠なものばかりです。
そしてミネラルは体で生成することができません。食べ物やサプリメントから摂取する必要があります。

投稿者: 末広歯科医院

2019.07.05更新

びわ

果実はビタミンA(カロテン)に、抗がん作用があり皮膚粘膜を丈夫にします。

またその葉のサポニン、タンニン、ビタミンB1の煎汁は、健胃、整腸、去痰、暑気払い効果があり、お茶にして飲むと鎮咳、抗がん作用がある。

また食用部分が比較的少なく、種子は枇杷仁といい葉と同様の薬効がある。

乾燥した葉は、入浴剤として使用できます。

投稿者: 末広歯科医院

2019.06.03更新

柑橘類 (みかん)

主成分は、クエン酸、ビタミンC B E P   、カリウムのミネラル類。味覚は 酸味・苦味・甘味・芳香

効能は血管の老化防止、血流を良くする、疲労回復、利尿作用、高血圧予防、クリプトキサチンという色素には抗がん作用があると言われ、漢方では、干したみかんの皮を陳皮という。

健胃・鎮咳・便秘によいとされ、皮は、入浴剤としても使えます。

投稿者: 末広歯科医院

2019.05.24更新

酸度が高い飲み物は要注意!

清涼飲料水やスポーツ飲料は酸性度が高く 歯に大きなダメージを、与えてしまうリスクが高いです。

柑橘系のジュースや野菜ジュース お酢が入った健康飲料も歯のためには注意が必要です!

間食のタイミングを見直す

食事や間食をするたびに、本来中性の口の中は酸性になり その時間が長く続くと虫歯リスクが高まります。

1日に何度もおやつを楽しむ習慣は見直しましょう

 

"しっかり噛む "  で唾液を増やす

唾液には、口の中の汚れを洗い流すとともに、歯の再石灰化を促す働きもあります。唾液をたくさん出すためには、食事の際によく噛んで食べることを心がけましょう。

投稿者: 末広歯科医院

2019.05.24更新

年齢を重ねても自分の歯で食事を楽しめる人が増える一方で 虫歯に悩む大人も増え続けています。

中でも多く見られるのが、歯茎が下がり露出した、歯の根元部分に発生する虫歯、''根面う蝕"  です。

露出した部分は象牙質で  酸 への抵抗力が弱いため、虫歯になりやすいという特徴があります。

間食が多い、甘いものを頻繁に摂る、毎日晩酌が欠かせないという人は、歯が酸に晒される時間が長くなり、虫歯リスクが

増大します。大切な歯を虫歯から守るために、日頃の食習慣にも 気を配りましょう。

投稿者: 末広歯科医院

2019.05.24更新

バランスの良い食事を心がける

良質なタンパク質や歯の再石灰化に必要なカルシウムやリン、これらがうまく働くための ビタミン類など 歯に必要な栄養素をバランス良く摂取できる食生活を楽しみましょう!

 

ダラダラ飲みは、歯を溶かす⁈

長時間に及ぶ晩酌も、虫歯の原因になります。

ビールやワインなどアルコール類を飲むときは一緒に水も飲むようにすると、酸性に傾いた口の中が、中和される上に、悪酔いも防げると思います。

投稿者: 末広歯科医院

2019.05.10更新

子どもの歯の病気といえば、真っ先に思い浮かぶのが「むし歯(齲蝕)」です。

その子どもたちのむし歯が8020運動の普及やフッ化物の応用などで、昔と比べ随分少なくなっています。

しかし一方で、一部の子どもたちが甘いものをダラダラ食べる(飲む)ことなどが原因で多数の虫歯に罹り「口腔崩壊」と呼ばれる事態に陥っていることも大きな問題になっています。

歯とお口の動き(機能)は、しっかりかんで正しく飲み込むこと、正しくしゃべること、豊かな表情を作ること、成長期の健全な顎の成長などと密接に関わっています。

歯とお口の健康は、子どもたちの心身にわたる健康の基礎といって過言ではありません。例えば、指しゃぶりの習慣がしつこく残っていて出っ歯(上顎前突)になってしまうと、かみ方、しゃべり方、口もと・顔立ちから、飲み込み方や呼吸の仕方まで、悪い影響を受けかねません。これはチェックすべきほんの一部の例です。

ですから、たとえお子さんにむし歯がなくても油断は禁物です。食べたり話したりすり機能が十分でない「口腔機能発達不全症」の子どもたちに対して、その指導・管理が保険診療の対象になりました。成長期の子どものお口の動きに問題がないかどうか、以前にもまして重視されるようになりました。ぜひ、かかりつけ歯科医院の歯科健診で、お子さんの「むし歯」と「お口の動き」のチェックを受けてください。

投稿者: 末広歯科医院

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934
instagram