2014.09.30更新

お子さまからご年配の方まで、安心をしてご利用できる歯医者をお探しでしたら、大阪市淀川区にある当院にお任せ下さい。
最寄駅から徒歩1分の場所で、3世代にわたって地域の皆様に愛されている歯科医院です。

当院では、入れ歯やホワイトニング、予防歯科など幅広くお口の健康をサポートしています。また顎関節症の治療も、当院では、積極的に行っています。
歯ぎしりの解消のために、ナイトガードをお作りいたします。
歯にも悪影響を与えるため、早めのご相談をお勧め致します。

当院は予防歯科に力を入れています。
定期的なクリーニングで健康的な歯を維持するお手伝いを致しております。
当院は衛生面にも気を配り、患者様にとって快適な空間をご提供しています。
いつでもご相談にのりますので、お気軽にお越しください。

投稿者: 末広歯科医院

2014.09.30更新

今回は歯科から見た適切な幼児食の進め方をお話します。
子どもの歯が生えてくる時期と食べる力の獲得は、密接な関係を持っています。
離乳食の完了は、1歳から1歳半頃とされていますが、すぐに大人と同じ硬さの食事を始めると、噛まずに丸のみし、硬いものを避けるために好き嫌いの多い子になると言われています。
年齢だけで食事内容を決めず、口の中の変化に合わせましょう。
例えば、前の歯が生えてくると舌での押しつぶしがうまくなり、奥歯が噛み合うと噛みつぶしができるようになります。
親子で向かい合い、互いによく噛みながら食事をしましょう。
食べることを急かせると、楽しい食事も心の負担となります。
よく噛んで食事をする大切さを話し、会話と笑い声にあふれた食卓を囲み、家族みんなで食べる「共食」を、幼児期の食育の柱にしていきましょう。

投稿者: 末広歯科医院

2014.09.27更新

大阪市淀川区、十三にお住まいのみなさま、こんにちは。

先日のお話のつづきです。

食べることと密接につながるのは、記憶力のほかに、集中力、意欲、共感力、切り替え力などがあります。人間にとって最も高レベルな情報を統括する脳の部分を噛むことで刺激することができます。

驚くことに、こうした効果は高齢になるほど活性化が顕著にみられます。認知症予防にも大きく貢献するのは間違いありません。

もちろん、若い人にとっても咀嚼はイキイキした心をつくる栄養になります。楽しい食事で自然と笑顔が多くなれば、表情筋を鍛え、美しさを保つエクササイズにもなります。

日常でストレスを感じたら、シュガーレスガムを噛むことをおすすめします。脳の働きをリフレッシュすると同時に、運動機能や作業効率を高める作用もあるので、試してみてください。

つづく

投稿者: 末広歯科医院

2014.09.24更新

楽しく食事をするために必要な歯ですが、年代や体質などによって、悩みや症状も違います。
例えばご高齢の方であれば、歯周病や入れ歯に関するお悩みをお持ちになりますし、お子さまであれば歯並びや虫歯に関する悩みをお持ちになります。

当院では患者様とのコミュニケーションを大切に考えており、綿密なカウンセリングを行い、患者さまの抱えるお悩みをしっかり把握した上で治療方法をご提案いたします。
複数の治療方法から患者さまご自身に選んでいただくこともありますが、その際には丁寧にご説明いたしますので、ご安心ください。

当院は歯科治療だけでなく、予防歯科やホワイトニング、PMTC、顎関節症の治療まで幅広く対応しております。

大阪市淀川区、十三で歯やお口に関するお悩みをお持ちの方は、当院へぜひご来院ください。

投稿者: 末広歯科医院

2014.09.19更新

今年は、雨の多い夏でしたね、9月も後半に入って少し過ごしやすくなりましたが、やはり晴れるとまだまだ暑いですね。

そんな時、来院していただいた患者様に 少しでものどの渇きを癒してもらえるように、
当院でも受付前にウォーターサーバーを設置しています。

お越しの際は、どうぞご自由にお飲みください、そしてリラックスして 治療を受けていただければと 思います。


投稿者: 末広歯科医院

2014.09.19更新

歯間ブラシは、歯と歯の間が、ゆるみはじめた中高年の方々に
お勧めです。
隙間の大きさに合わせていろいろな太さがあります。
使い方、サイズの選択はご指導いたします。
楊枝ではなく、あくまでもブラシですので1,2回歯の間を通すのではなく、
少なくとも5回以上往復させて歯と歯の間の面を磨いてください。
歯ブラシと併用して磨いた後のサッパリ感を覚えたら、
もう、手放せなくなるでしょう。



投稿者: 末広歯科医院

2014.09.17更新

入れ歯がすぐ外れたりずれたりする、物を食べると痛みを感じる、うまく飲み込めないなどの症状でお悩みの方も多いでしょう。
仕方ないと諦めてはいけません。
合っていない入れ歯を我慢して使い続けることは、歯茎や粘膜の異常を引き起こし、
周囲の健康な歯や顎関節に負担もかかります。
さらに物が美味しく食べられないストレスもあるでしょう。

どの症状も歯科医院での調整が必要です。
三世代続く当院は、長年幅広い世代の患者さまの歯を治療してきた実績により、入れ歯や義歯の製作、調整技術に自信があります。
また院内に歯科技工室を備えており、歯科技工士が常駐しているため、その場で義歯の修正、修理が可能です。

大阪市淀川区で歯医者をお探しの方、患者さまのニーズを読み取る対話型のカウンセリングを心がけている当院へご相談ください。

投稿者: 末広歯科医院

2014.09.17更新

大阪市淀川区、十三にお住まいのみなさま、こんにちは。

歯周病とは、こんな病気です。

歯のまわりに、ブラッシング不足で付いたプラークのなかにいる歯周病菌と、からだが戦う際に起こる炎症によって引き起こされるのが、歯周病なのです。
最初は歯ぐきが腫れる症状で
はじまり、病状が進むと歯を支える骨まで、破壊され、ついには歯を失ってしまうというこわい病気です。
痛みを伴なわずに進行するため病気に気づきにくく、しかもいったん骨まで破壊されてしまうと回復がむずかしいのもやっかいな点です。日本人の成人の80%になんらかの症状があるといわれる現状では、
早期にプラークと歯石をしっかりと除去し、炎症の原因をなくすことで、歯周病の進行をより軽度で、くい止めることが必要かと思われます。

当院では、歯石除去、プラーク除去も含めた定期的な歯のクリーニングを受けていただくように
お勧めしております。

投稿者: 末広歯科医院

2014.09.15更新

大阪市淀川区、十三にお住まいのみなさま、こんにちは。

食事に関して、しっかり噛んで食事を味わうことはもちろんのこと、、大切なことがあります。
それは、食事の場面を楽しむこと。

現代は大人も子どもも忙しく家族がバラバラに食事をすることも珍しくありません。一人きりで携帯電話を触りながら食べていては、満足に噛むことも味わうこともできない上に、脳を退化させてしまいます。

食べることと密接につながるのが記憶力。誰でも幸せな思い出が蘇る特別なメニューがあると思いますが、その体験は人生の宝物であると同時に記憶力を鍛える脳トレの成果でもあったのです。
「噛むこと」と「幸せ感」が両立する楽しい食事シーンは、脳を活発にする刺激が結集する最強の組み合わせ。よく噛んで食事を楽しむことが心の栄養になるのです。

ぜひ、大切な家族や友達と一緒に食事を楽しむ機会を増やしていってください。

つづく


投稿者: 末広歯科医院

2014.09.10更新

ストレス社会にあって近年、顎関節症の患者数が増えています。
顎関節症は、噛み過ぎや歯ぎしりなどが原因で歯が磨り減って、顎の関節や耳の前部に痛みを感じたり、口が開き難い状態になったりする症状です。

放っておくと耳の骨まで影響を受け、耳鳴りや中耳炎、難聴などになる他、頚椎にまで影響が出て、肩こりや頭痛、めまいなどの症状を引き起こすこともあります。

当院では、顎関節症になっている方に噛み合わせチェックをし、歯ぎしりを防ぐマウスピースの装着をおすすめしています。
歯ぎしりは主にストレスが原因だとされています。
お口に合ったマウスピースを装着することで、歯ぎしりが原因による歯の磨耗を防ぐことができます。

十三、大阪市にお住まいで、歯ぎしりをする方、顎関節症にお悩みの方は、お気軽に当院へご相談ください。

投稿者: 末広歯科医院

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934