2016.02.29更新

お口の臭いは誰もが持っているものです。最大の原因は、お口の中に存在する細菌が生み出す悪臭物質で、起床時、空腹時、緊張時などは、口臭が、強くなりがちです。特に朝起きた時の口臭は、だれにでもあります。睡眠中に唾液の分泌量が減り、お口の中が乾燥して細菌数が増えるためです。唾液には、殺菌効果があるほか、細菌を飲み込みお口の中を掃除する役目があり、唾液量が減ってしまうと細菌数が増え口臭も増します。お口の中が乾燥せず、常に唾液が流れている状態が理想的です。
口腔内が乾燥しない様に 舌の運動を行い唾液を十分に出すようにすると、唾液による自浄、抗菌などの作用により口臭が起こりにくくなります。
朝起きてすぐと、寝る前のブラッシングを特に丁寧に行うこと、口臭ケアグッズの活用なども有効です。

明石市歯科医師会 参照

投稿者: 末広歯科医院

2016.02.26更新

スポーツ外傷の予防に
ボクシング 空手などに代表される顔面はの直接打撃のある格闘技、アメリカンフットボール、ラグビー、ラクロス等の様にボディコンタクトの激しい球技、スキー、スノーボード、モトクロス等転倒の際に顔面を強打する危険性のある競技等
競技中に歯は欠けたり、折れたり、抜けてしまうこともあります。時には唇を切ったり、顎の骨が折れてしまうこともあります。
スポーツショップでも安価な既製品を手に入れることもできます。
しかし当院での一人一人の歯型をつくってから製作するものは、フィット感、安全性、話しやすさにおいて、既製品とは、比べものになりません。
ぜひ スポーツをされているお子様をお持ちのお母様方 一度お考えください。

投稿者: 末広歯科医院

2016.02.22更新

高齢になってくると、服用中の薬の影響などで、徐々に唾液の分泌量が、低下してきます。自覚ない場合も見受けらます。ドライマウスはあらゆる全身疾患のサインとも言われ 初期の段階でドライマウスを発見し、予防していきたいものです。
症状は、乾き具合、乾きを感じる場所など様々。
歯科医院へのご相談をお勧めします。

投稿者: 末広歯科医院

2016.02.22更新

皆さんが日頃、歯をみがく時に、歯みがきに含まれる、薬用成分を効果的に利用することでむし歯や歯周病の予防をすることが可能になります。その他にも、下記の効果が期待できます。使わないで磨くよりも、キレイな歯を長く保つ手助けとなるので、できれば使用することをお勧めします。

■ 歯みがきの効能・効果
•むし歯の発生と進行を防ぐ
•歯の着色を防ぐ
•歯を白くする
•口中を浄化する
•口臭を防ぐ
•歯周病を防ぐ
•歯石が溜るのを防ぐ
•タバコのヤニを付きにくくする(禁煙していただくのがいいのですが)

投稿者: 末広歯科医院

2016.02.17更新

つい軽く考えがちの知覚過敏 でもその症状には、進行した虫歯と同じような神経の炎症による痛みも含まれます。
大丈夫だろうと油断せず 一度歯科医院で診てもらいましょう。神経に炎症を起こしているかいないか。歯が私達におしえてくれる、トラブルのサインかもしれません。早めにキャッチして
歯の健康維持に役立てていきましょう。

投稿者: 末広歯科医院

2016.02.08更新

ドラッグストアーに行くと 多くの種類の歯磨剤を見ることができますね。
多くの歯磨剤に含まれている発泡させるための成分 ラウリル硫酸ナトリウム は、口腔粘膜を保護する唾液成分『ムチン』を破壊して ドライマウスを助長すると言われています。
また、乾燥した粘膜には、アフター性潰瘍を誘発するとの報告もあります。
ドライマウスを自覚されている方々は、一度 最適な歯磨剤について歯医者さんに相談されては、いかがでしょうか?

投稿者: 末広歯科医院

2016.02.02更新

歯周病を予防するには、毎日の歯磨きで、歯と歯ぐきの間の歯垢をしっかり取り除くことが、大切です!
歯垢(プラーク)は、歯周病菌を含む菌のかたまりです。この歯垢が歯と歯ぐきのすきまにたまると炎症がおこり、歯ぐきが腫れてしまいます。その隙間(歯肉溝)が深くなると歯周ポケットとよばれ、その中で毒素が、溜まり歯を支えている骨を溶かしてしまうのです。
歯周ポケットの中のお掃除は、歯科医師によるプロフェッショナルケアに頼るしかありません。
セルフケアも歯科医院で歯周ポケットの中をきれいにするようなブラッシング方法を受けて実践していただくのが、有効だと思います。
セルフケアでは、清掃しやすい歯ブラシや殺菌効果のある歯磨き剤やリンスの併用も効果的です。
歯科医院でのプロフェッショナルケアと歯科医師の指導に基づいた毎日のセルフケアで、健康な歯と口のために、そして健康な生活を送るためにしっかりと歯周病予防に努めていただきたいと思います。

投稿者: 末広歯科医院

2016.02.02更新

歯周病は、歯をささえる歯ぐきや骨が、歯周病菌でこわされ、歯が抜けてしまう病気です。
歯を失ってしまう原因の、一位です。ギネスブックにも、全世界で、最も患者が多い病気は、歯周病であると、認定されています。
歯周病には、痛みなどの自覚症状がないまま、進行するので大切な歯を失うばかりでなく糖尿病などの全身の健康にも影響すると言われる深刻な病気です。その予防には、毎日のセルフケアと早期発見が大切です。
気になる症状がある時だけでなく、定期的に歯科医院で、チェックを受けて 予防に努めましょう!

投稿者: 末広歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934