2017.06.30更新

歯周病は、細菌によって歯肉が炎症を起こし症状が進行すると歯をささえる歯槽骨が破壊され歯が抜け落ちてしまう病気です。国内では30歳以上の、約80%が罹患しているとされています。また関節リウマチは免疫システムの異常によりあちこちの関節が腫れて痛みをほっておくと骨が破壊され関節に変形が、生じる。国内では約70万人の患者がおり、女性に、多い病気です。関節リウマチの患者さんから免疫異常のサインである抗体が検出される時、歯周病の原因の一つであるタンパクが生成されそれに身体の免疫が反応してリウマチの発症の可能性が考えられてきました。この様に口腔ケアをしっかり行うことは、歯周病の予防のみならず、関節リウマチのコントロールにもつながると思われます。

投稿者: 末広歯科医院

2017.06.12更新

子どもが、将来、健康な自分の歯で過ごすためには、大人が正しい知識をもち子どものうちから適切な歯みがき習慣を、身につけさせることが、大切です。
いずれ抜ける歯だからとは、考えないことです。むし歯で乳歯が早くに抜けてしまうと、永久歯が、正しい位置に生えず歯並びに、影響することがあります。乳歯からしっかりケアすることが大切です。
家族にむし歯があるとスプーンなどを介して唾液からむし歯の原因菌が赤ちゃんや子供にうつる可能性もあります。忙しいパパ ママも、歯科医院で、定期的にチェックしてもらいましょう。

投稿者: 末広歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934