2017.07.28更新

口を大きく開けられない、開けると音がしたり 痛みが来る そんな経験をお持ちの方も おられるかと思います、顎の関節にこうした症状が現れるのが 顎関節症です。
考えられる主な原因は、無意識に歯を強くかんでいることや、常に同じ側で噛んで食べていること、歯への負荷が偏っている場合があります。ストレスを抱えたときにはを強くかみしめているということも原因の一つでしょう。
改善の方法には、歯を強くかまないことももちろんですが、痛い部位を温めたりマッサージをして 血流を良くしたりすることです。
ただし 強い痛みがなくならないとき、または 口が大きく開けられないようになってきた場合は鎮痛剤や 筋弛緩剤、麻酔をかけての開口訓練 マウスピースの装着で噛み合わせの調整なもする方法に変わっていくこともあります。まずは専門医に相談してください。 

投稿者: 末広歯科医院

2017.07.25更新

交叉咬合という言葉を知っていますか?正しいかみ合わせは上顎が、下顎を覆い上の歯列が下の歯列よりもわずかに外側に出ています。交叉咬合は歯の噛み合わせが、逆になっている状態をいいます。奥歯においてずれは見つけにくく、指しゃぶり、頬づえ、横向きの睡眠、うつ伏せ寝、片側だけの噛み癖などでおきることもあります。放っておくとかみ合わせのズレだけでなく、顎の骨の変形、顔の歪み、につながることもありますので交叉咬合とわかったときはできるだけ早く、治療に進めるためにかかりつけ歯科で検診を受けましょう。

 

投稿者: 末広歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934