2019.03.18更新

歯科健診を定期的に受けよう

みなさんの歯とお口の健康をつくるために、歯医者さんでは歯科健診や歯科相談を行っています。また、むし歯や歯周病予防のための治療を行っています。

どんなことをしてもらえるのでしょうか。

むし歯のチェック
むし歯は、歯の噛む面やつけ根だけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいものです。また、一度つめて治療してあっても、そのわきの方に新たなむし歯ができることもあります。専門的な立場からむし歯をチェックしてもらいましょう。

歯ぐきのチェック
歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になります。あなたの歯周ポケットの深さはどのくらいか、チェックしてもらいましょう。

ブラッシング指導
歯と歯ぐきの正しい磨き方は、その人の歯並びや歯磨きの癖などのため、一人ひとり違うものです。あなたに合った、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を、歯医者さんに教わりましょう。

投稿者: 末広歯科医院

2019.03.18更新

かかりつけの歯医者さんをつくろう


歯の健康を守るために、いつでも気軽に相談できて頼れる歯医者さんを見つけておくと安心。そのためにも定期的な歯科健診を受けるなどして、かかりつけの歯医者さんをつくっておくことが大切です。知ってる歯医者さんがいれば、困ったときに質問もしやすいですよね。

歯医者さんからのお願い

まず、

痛むところや気になるところを話しましょう。
口紅やリップクリームは治療前に落としましょう。
ご自分の体の状態を事前に知らせましょう。

アレルギーや、肝炎などの感染症があるかどうか、血液の流れをよくする薬を飲んでいるか。

女性の方は妊娠しているかどうかなど。これらのことで治療方針は変わります。

是非お知らせください。
分からないことは質問しましょう。
治療中は手で合図を。
薬などの用法用量をお守りください。

投稿者: 末広歯科医院

2019.03.11更新

こんな場合が考えられます

1. むし歯が進行して歯の神経が炎症を起こしているケース(歯髄炎)
2. 歯の神経が腐って炎症を起こしているケース(歯髄エソなど)
3. 歯にヒビが入ったり、折れたりして炎症を起こしているケース
(歯冠破折、歯根破折など)
4. 歯が浮いたようになり、熱を持って腫れてきているケース(歯根膜炎)


【こうしたら良いでしょう】

1~3. できるだけ痛む方でものをかんだりせずに、患部を清潔にしてください。つらければ痛み止めを飲んでください。放っておくとひどくなるので、はやめに歯科医院で治療を受けてください。
冷たい物がひどくしみる場合は、ぬるま湯でゆすぐと、一時的に痛みがやわらぎます。
冷たい物がしみないで、熱い物のみがしみる場合は冷たい水や氷を含むと痛みは和らぎます。
4. 身体を安静にして、患部に出来るだけ刺激を与えないようにし、冷やすことにより楽になります。
いずれの場合も、痛み止めの薬だけでは治りません。

投稿者: 末広歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934
instagram