2020.05.18更新

歯磨きが大事!公開
「こんな時期だからこそ歯磨きが大事!」を公開しています。
本動画では、料理愛好家の平野レミさんが、タイトルにもある自宅にいる時間が増えている「こんな時期」だからこそ、しっかり歯磨きして口の中を清潔に保つことが重要であること、さらにお口が健康であることが免疫力アップにもつながることを伝えています。
また、ウイルスなどによる感染症の予防について、「歯磨きをしないと、口の中が汚くなって悪玉菌が増える」ことにより、「ウイルスが増殖して細胞に入りやすくなり、重症化する恐れもある」と説明。舌ブラシなどでの舌掃除の有効性についても紹介しています。
動画の最後にレミさんは「新型コロナウイルスが怖くて歯医者さんに行けないと困っている人は、電話でかかりつけの歯医者さんに相談してみてね!」とメッセージを送るとともに、「こんな時期だからこそ、健康のために歯を磨きましょう!」と呼びかけています。
動画は下記から視聴いただけます。

・日歯youtube公式チャンネル
・日歯HP

投稿者: 末広歯科医院

2020.05.17更新

現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、 歯科医療機関では、緊急性が少なく延期しても大きな問題がない 治療、定期健診、訪問診療などの延期の検討を行っています。 ご理解とご協力をお願いいたします。
一方、治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると 重症化や全身へ影響を及ぼすことがあります。 処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので、まずは当医院に電話連絡ください。
歯科医師、スタッフにとって感染リスクが高いとされる 歯科医療現場ですが、これまで歯科治療を通じて 患者さんの感染の報告はありません。 更に感染予防策を徹底し、 皆様の健康を守るために取り組んでいきます。

投稿者: 末広歯科医院

2020.05.01更新


報道されている「歯科医師による PCR 検査への協力」について、 国民の皆様より「歯科医院で PCR 検査をできるのですか?」などの お問い合わせがあります。
今回、国の PCR 検査体制の増強に向けて、特例的・時限的に認め られることになりましたが、歯科医師が行える検体採取の場所は、
「地域医師会等が運営する PCR 検査センターに限定」され、 「歯科医院でできるということではありません」ので
ご注意ください。
これまで通り、新型コロナウイルス感染症患者との接触歴があり、 37.5°C以上の発熱、呼吸器症状(咳・咽頭痛・呼吸苦・強い倦怠感・ 味覚嗅覚障害)などの症状がある場合は、お住まいの都道府県の「帰 国者・接触者相談センター」へご相談ください。
令和 2 年 4 月 30 日
公益社団法人 日本歯科医師会

投稿者: 末広歯科医院

2020.04.24更新

 

子どもの場合、口腔内の乾燥やう蝕・歯周病リスクだけでなく歯列や咬合への影響も心配です。
歯の位置は唇や頬の筋肉による外側からの圧力と舌による内側からの圧力のバランスによって決まります。
口呼吸を続けていると唇まわりや頬の筋肉の正常なバランスが崩れて内側の圧力が強くなることで歯が口唇側へ傾斜し、いわゆる「出っ歯」といった状態になってしまいます。これは乳歯だけでなく永久歯でも起こるため審美面でも影響を及ぼします。
咬合が悪くなることで咀嚼機能も低下してしまうため、嚥下障害や消化障害にもつながる可能性があります。
審美面や咀嚼機能といった一時的ではなく、成長過程や大人になった後にも影響する内容であることから、う蝕・歯周病を防ぐという観点だけでなく早めに口呼吸を改善しておきたいところです。

投稿者: 末広歯科医院

2020.04.14更新


新型コロナウイルス感染症については、感染した方や感染の疑いがある方は、 保健所、帰国者・接触者相談センターへ連絡し、診療所には来院がない前提で、 これまで標準的な感染予防策の徹底等を行ってきました。
感染症発生当初から、現時点まで歯科治療を通じての患者さんの感染の報告 はありません。
ただ感染がさらに拡大し、自覚症状のない患者さんが来院する可能性が増し ていることから、日本歯科医学会連合などの学術的見解も踏まえて、歯科医療 機関には特に感染の広がりが大きな地域では、延期しても問題が少ない治療、 定期健診、訪問診療等の延期の検討もお願いしています。国民の皆様にはご迷 惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
また、歯科医療機関では、これまでの対策に加えて、受診される方の検温や「味 覚障害」「嗅覚障害」の症状確認、待合室の患者数を減らすための予約調整、 院内の換気等も行います。併せてご協力をお願いします。
一方、例えば歯周病などの重症化予防のための定期管理は、全身状態にも関係 することや、高齢者や特に介護施設や在宅等で、歯科口腔衛生状態の低下によ る誤嚥性肺炎の発症などが懸念されますので、延期の際には患者さん、ご家族 や施設との連携指導等もさせていただくことがあります。
感染の拡大状況は地域によって大きく異なり、歯科医療機関の役割や体制も 違っています。また処置の緊急性は、患者さんの状態により、かかりつけ歯科 医が判断することになりますので、ご心配があればかかりつけ歯科医にご相 談ください。
令和 2 年 4 月 13 日
公益社団法人 日本歯科医師会

投稿者: 末広歯科医院

2020.04.02更新

WHOから示された情報を、皆様にお知らせします

【事実1:寒さや雪では新型コロナウイルスは殺せない】
外気温の変化や天候は、人間の体温(平熱)には影響しないため、ウイルスが死ぬことはありません。
新型コロナウイルスから身を守る最も効果的な方法は、アルコール消毒か、石鹸せっけんと水を用いた手洗いの徹底です

【事実2:熱いお風呂に入っても新型コロナウイルスは防げない】
熱いお風呂に入っても体温に影響はないので、ウイルスは殺せません。
むしろ、熱すぎるお風呂に入って火傷をする危険性のほうが考えられます。
最も効果的な方法は、新型コロナウイルス予防は、手に付着した可能性のあるウイルスが目・鼻・口から体内に侵入しないように、手を洗うことです。

【事実3:新型コロナウイルスが中国やその他の感染者が出ている国の製品を経由して拡散することはありません】
ウイルスがものの表面で生存できる期間は、およそ数時間から数日です。周囲の気温や環境が大きく変化するような移動を経ても生き残っているということは、ほぼありません。
ただ、表面が汚染されているというおそれがある場合は、消毒剤を用いて清掃してください。もし触れてしまった場合は、アルコール消毒液で消毒するか、石鹸と水を用いて手洗いしてください。

【事実4:新型コロナウイルスが蚊により拡散することはない】
蚊はマラリア・デング熱・ジカ熱などを媒介するため、様々な対策が考案されています。しかし、少なくとも新型コロナウイルスに関しては、蚊によって広まったという事実は確認されていません。
新型コロナウイルスは呼吸器系のウイルスで、主に、感染者がせきやくしゃみをしたときの飛沫や体液などによって広まります。
対策は、徹底的な手洗いに尽きます。そして、せきやくしゃみをしている人との密な接触は避けてください。

 

投稿者: 末広歯科医院

2020.04.02更新

新型コロナウイルス対策の基本は「手洗い」です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

正しい手洗いの方法をお知らせしますので、ぜひご覧ください(出典:厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf

投稿者: 末広歯科医院

2020.03.21更新


〇以下の患者様につきましては受診をお控えいただきますようお願いいたします。


・体調がすぐれない患者様
・37.5度以上の発熱や咳などの症状がある患者様
・過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をされた患者様
・くしゃみや鼻水などにより他の患者様にご迷惑をおかけする可能性がある患者様
・同居家族や職場、学校など身近に新型コロナウイルス感染症の感染者もしくは感染の可能性のある方がいらっしゃる患者様
・『検疫強化対象地域』から日本へ入国後14日間経過していない患者様

投稿者: 末広歯科医院

2020.03.21更新

【こんな場合が考えられます】

1. かんでしまったり歯ブラシなどの器具でお口の中を傷つけてしまった後に出来たケース(アフタ性口内炎など)
2. 体調が悪い、お口の中が不衛生などで細菌・ウイルス感染を起こしたケース(ヘルペス性口内炎など)
3. 口の中の腫瘍や全身疾患が原因となるケース(口腔がんなど)


【こうしたら良いでしょう】

1~3. できるだけ刺激(歯ブラシの不正使用・タバコ・アルコール・刺激性の食品などの飲食)を避け、口内炎の部分を安静にするとともに清潔にしてください。
とりあえず市販のうがい薬、トローチあるいは口内炎用の軟膏を使用することも部分的な症状の改善に役立ちますが、原因を明らかにする必要がありますのではやめに歯科医院を受診してください。

 

口内炎は軽度の場合 当院に完備していますレーザー治療機器の照射で治ることもあります。

投稿者: 末広歯科医院

2020.03.21更新

 

歯が欠けた、折れた、抜けた そんな時は

【こんな場合が考えられます】

1. むし歯、歯周病が進行したケース(う蝕、歯周病)
2. 歯並び、かみ合せが悪く歯に強すぎる負担がかかったケース(咬合異常・外傷による破折など)
3. 打撲や外傷で歯が丸ごと抜けたケース(歯牙完全脱臼)


【こうしたら良いでしょう】

1~3. できるだけはやめに歯科医院で治療を受けてください。
3. 打撲などで歯が完全に抜けてしまった場合は、すぐにかかりつけの歯科医院に連絡してください。

 

投稿者: 末広歯科医院

前へ 前へ

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934
instagram