入れ歯(義歯)

ぴったり合う理想の入れ歯(義歯)をお作りします。

日々の食事に欠かせない歯も、長い人生の中で失ってしまうことがあります。その場合に必要となるのが「入れ歯」です。しかし、入れ歯というと、「合わない」「噛み心地がわるい」「気持ちがわるい」というイメージを持たれがちではないでしょうか?

当院では長年、多世代の患者さまの歯を治療してきた実績から、義歯の製作・調整技術には自信があります。歯科医療の進歩とともに、さまざまな手法・材質が登場していますが、要となるのは歯科医師の技術です。

保険診療・自費診療に関わらず、一人ひとりの患者さまに「ぴったり合う」と感じていただける入れ歯をご提供します。歯を失ってお困りの方、現在お使いの入れ歯に不満をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

画期的な「DSシステム」によって“フィット感”を追求。

自費診療・保険診療に関わらず、義歯製作でこれまで用いられた「加熱重合方式」では、“変形しやすい”ことがネックでした。

しかし当院は、適合精度を極限まで高めるDSシステム(日米で製法特許を取得)」を導入し、“フィット感”を追求。
患者さまの「義歯に対する不満」の解消をめざします。

常駐する院内技工士が、患者さまの顔を見て作ります。

一般に歯科医院で歯型をとると、義歯製作・修理に一定期間を要するところが多いようです。これは院外の歯科技工士に外注しているためです。

当院は院内に歯科技工室を構え、歯科技工士が常勤しています。長年技術を積み重ねてきた熟練の腕を持つ技工士によって、その場で義歯製作できることは大きな強みです。

患者さまにも「今日、飛び込んで行って、今日、治った」と喜んでいただいています。

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯の違い

当院は、患者さまのご要望に合わせて保険診療、自費診療ともに行います。自費診療のほうが選択肢が広がるのは確かですが、だからといって、その入れ歯が必ずぴったり合うとは限りません。大切なのは、ご自身のお口に合った入れ歯ができるかどうかです。

高い費用をかけて入れ歯を作っても、お口に合わなければ快適ではありません。一方、安さだけを重視すると、すぐに壊れてしまう可能性もあります。
当院では、保険診療・自費診療のどちらでも、患者さまにとって理想的なフィット感に近づけるように製作・調整していきます。

保険適用の入れ歯

一定レベルまでの機能回復をめざすものです。
素材や技術が制限されるため、見た目や噛み心地・強度、入れ歯の色があせてくることなどの欠点の面で限界がありますが、費用が安く、短期間で製作できます。

自費の入れ歯

費用もかかりますが、素材や技術にバリエーションが出るため、自然な見た目、快適な噛み心地を、より追求できます。
「歯の色(白さなどを自由に選択できる、天然の色)」「歯の透明感」「歯の形」「素材へのこだわり」など、患者さまのご希望を伺った上で適切な治療を行います。

当医院で取り扱う入れ歯の種類(保険適用)

レジン床義歯

粘膜にふれる部分がレジン(歯科用プラスチック)で作られた入れ歯です。
金属素材よりも厚みがあるため、食べ物の温度を感じにくい難点はありますが、ほとんどの症例で使用でき、安価に治療できます。
ただ、強度に問題があります。長く使えるというものでもありません。

当医院で取り扱う入れ歯の種類(自費診療)

金属床義歯

口蓋、粘膜部分にあたるところを金属素材で作った入れ歯です。
レジンより薄く作ることができるので、食べ物の温度を感じやすく、違和感も少ないのが特徴です。また薄さの割に強度が高く、壊れにくいのもメリットです。
薄さこそが口の中に入れたときの快適さにつながります。

ノングラスプデンチャー

金属のバネを使わないため、自然な見た目で、金属アレルギーの方にも対応可能です。
違和感が少なく、変色しにくいのも利点といえます。
歯になるべく負担をかけたくない場合には、有効な手段といえます。

マグネットデンチャー

入れ歯とご自身の歯根に強力な磁石(マグネット)を取り付け、固定する入れ歯です。
硬いものを噛んでもずれたり、外れにくいという利点があります。
大切な歯の根が短くても残っている場合に、有効な処置方法だと思われます。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934