入れ歯が合わない方へ

入れ歯が合っていないと、さまざまなトラブルを引き起こします。

入れ歯はお口の機能回復に大変役立ちますが、お口に合っていない場合、さまざまなトラブルを引き起こします。

よくある入れ歯の悩みとしては、次のようなものがあります。

入れ歯を入れて食べると痛みを感じる

入れ歯が歯ぐきに合っていないことが考えられます。また総入れ歯が合っていないと、物を噛むときにずれてしまい、歯ぐきにあたって痛くなることも多くあります。この痛みは体験した人にしかわからない、非常に辛いものです。おいしく楽しく食べることは到底できません。

  • 入れ歯を入れて手で押さえて痛い場合 →入れ歯が合っていない
  • 手で押さえても痛くないが、物を噛むと痛い場合 →上下の噛み合わせに問題がある

どちらも、歯科医院での調整が必要です。

入れ歯が外れやすい

すぐ外れる、ずれるなど安定しない場合、やはり合っていないと考えられます。総入れ歯の場合、上は合っていても下が安定しないケースが多く聞かれます。歯科医院で何度か調整しても治らないなら、新たに作り直すことも選択肢の一つでしょう。

一方、部分入れ歯の場合は、入れ歯を維持する金具が弛んでいる、あるいは合っていないケースがほとんどです。これは、入れ歯を手ではめずに噛んではめる人に多く見られます。
噛んではめると金具が変形しやすいのです。部分入れ歯の場合は、面倒でも手ではめるようにしましょう。

食べ物をうまく噛めない

これは合っていない場合もありますが、慣れによる部分も大きいというのが正直なところです。 どんなに良い入れ歯を作っても、自分の歯とまったく同じ感覚というわけにはいきません。

少しずついろいろな物を噛むトレーニングをして、慣れていく努力も必要です。
いずれにしても、一度ご相談ください。調整のほか、噛む訓練についてもお伝えしながら、一緒に解決していきましょう。

長くつかっていて、人工の歯がすり減り、咬み合わせがくるってきている場合もあります。

入れ歯そのものに抵抗がある

入れ歯に対して、格好悪い、鬱陶しい、痛そう、においそうといったイメージから、抵抗を感じる人は少なくありません。それなら、失った歯を補う方法はブリッジやインプラントなど、入れ歯以外にもあります。ただこのことは、その方の歯の状態やご予算とも関わりますので、一度ご相談ください。インプラント治療をご希望の方には、提携医院をご紹介します。

確かな技術とカウンセリングで、入れ歯の悩みを解決します。

入れ歯は、「患者さまに合う入れ歯を作る技術」とともに、「作った入れ歯をなじませていく過程」も大切です。

どんな良い入れ歯であっても、入れた後は患者さま自身に慣れていただくためのトレーニングが必要です。技術者側も入れ歯をつくったところまでではなく、そこからが2人3脚でサポートしていくことが、大切だと考えています。当院では、技術とカウンセリングの両輪で、入れ歯の悩み解決に向けて患者さまをサポートします。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、阪急十三駅から徒歩1分にある末広歯科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 診療時間  9:15~12:30/14:00~19:00 TEL:06-6301-3934
  • WEBからの診療予約はこちら
末広歯科医院BLOG ご予約ばこちらから 診療時間 9:15~12:30/14:00~19:00 休診日 木曜・日曜・祝日・土曜午後  TEL:06-6301-3934